« 「サヨナラCOLOR」の友情出演 | トップページ | リズムのない人生なんて »

2006年3月13日 (月)

「ポビーとディンガン」と子役の条件

フルモンティの監督の描くヒューマン・ドラマ。念ずれば空想も現実になる、という家族愛を描いた話なのですが、主人公の少女はたぶん、大きくなったらさぞかし美しくなるでしょう。

さて、一部で子役に華がないといわれているのが「ナルニア国ものがたり」なのですが、むしろその華のなさ(いかにもふつうの子)というところに好感を抱いたのは私だけっすか?

|

« 「サヨナラCOLOR」の友情出演 | トップページ | リズムのない人生なんて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28744/1015229

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポビーとディンガン」と子役の条件:

« 「サヨナラCOLOR」の友情出演 | トップページ | リズムのない人生なんて »